ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 石炭代替 | トップページ | 大王ブレンド »

2014年12月17日 (水)

コーヒー禁令

18世紀中ごろ、当時の神聖ローマ帝国内の領邦において、コーヒー禁令が施行された。

  1. ハノーファー選帝侯国
  2. リッペ伯領
  3. バーダーボルン司教区
  4. ウエストファレン公国
  5. ナッサウ侯国
  6. ヴァルテック侯国
  7. ヘッセンカッセル方伯国
  8. ゴーダ公国
  9. ブラウンシュヴァイク公国
  10. ヒルデスハイム司教区
  11. ザクセン選帝侯国
  12. プロイセン王国

見ての通り北部諸国だ。北海経由オランダ依存でコーヒーの供給を受けている国々と見ていい。禁止の理由はまずもって「ぜいたく品」とみなされたことだ。社会秩序の破壊と恐れたとの説もある。

プロイセンのやり方を調べてみた。まずは1777年国民に対して「コーヒー飲まずにビールを飲め」という布告が出された。コーヒーの大量消費は資金の国外流出そのものだからだ。「ワイン」と言わずに「ビール」というところが巧妙だ。プロイセンにとっては「ワイン」だって外国産品になる。やがて1781年コーヒーの輸入と焙煎を国家独占とし許可制とした。コーヒーへの高い関税もかけられた。

そもそも関税をかけて税収をあてにしながら、焙煎許可制で消費を抑制するのだから辻褄が合うはずがない。1786年には焙煎の独占が撤回された。

« 石炭代替 | トップページ | 大王ブレンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー禁令:

« 石炭代替 | トップページ | 大王ブレンド »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ