ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 浸透度の違い | トップページ | ブラジル »

2015年1月30日 (金)

セントヘレナ島

アラビアはイエメンからアフリカ最南端を回って本国に帰る途中のポルトガル船が、南大西洋上に火山島を発見する。1502年のことだ。喜望峰を回ったあたりのこの海域は、南東の風が吹く。ビザンチン帝国のコンスタンティヌス帝の母親の聖人記念日にちなんで「セントヘレナ島」と名付けられた。大西洋上の貴重な補給港となってゆくがいくつかの駆け引きの結果英国の領有となった。

ざっと200年を経過した1732年、コーヒー貿易の莫大な利潤のために奔走するイギリスの東インド会社が、イエメン産のコーヒーの苗木をセントヘレナ島に持ち込んだ。コーヒーの生産可能な植民地では軒並みプランテーションが試みられていたのだ。けれども土地も狭く労働力も少ないセントヘレナ島のコーヒーはそのまま忘れ去られた。1815年に夢破れたナポレオンの配流される83年前の話である。

今日では当時の貴重なイエメン産のコーヒーの直系として珍重されているらしい。

« 浸透度の違い | トップページ | ブラジル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セントヘレナ島:

« 浸透度の違い | トップページ | ブラジル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ