ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ジェッツ | トップページ | ジュニオ »

2015年1月13日 (火)

イタリアのコーヒー

ブラームスのコーヒー好きについては既に重ねて述べてきた。同等かそれ以上にイタリアも大好きなブラームスが、生涯9度に及ぶイタリア旅行の際にも、コーヒーだけは欠かさなかったと考えるほうが自然だ。同じ好物でもビールについては、旅行期間中はあきらめて、もっぱらワインだった可能性無しとしないが、コーヒーは難しい。という訳でイタリアのコーヒーをおさえておく。

  1. エスプレッソ 「espresso」と綴るイタリアコーヒーの根幹。イタリアにおいて「コーヒー」と言えばこれだ。英語で言う「express」だから「急行」から派生した。深煎り豆を高温高圧で短時間抽出したもの。短時間というあたりが「急行」の由来と思われる。小さなカップで砂糖のみというのが基本。
  2. カフェラッテ エスプレッソに暖めたミルクを加える。「latte」はイタリア語でミルクのこと。フランスならカフェオレとなるところである。
  3. カフェマキアート エスプレッソに泡立てたミルクを少量。
  4. カプチーノ ウィーンのカフェにもあるメニュウ。エスプレッソに泡立てたミルクを大量に。マキアートとの違いは泡立てミルクの量だ。
  5. カフェルンゴ 薄いエスプレッソ。エスプレッソよりお湯の量を多めに。抽出時間も長め。「Lungo」は「長い」だから辻褄はあう。
  6. カフェフレッド グラスに氷を入れてそこにエスプレッソを注ぐ。つまりアイスコーヒーなのだが、あまり一般的ではないらしい。

ブラームスは、イタリア旅行中、朝食時に何を飲んでいたのだろう。いきなりビールやワインでもなさそうだ。やはり朝はコーヒーだと思われる。

« ジェッツ | トップページ | ジュニオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのコーヒー:

« ジェッツ | トップページ | ジュニオ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ