ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« もう一つの大陸封鎖 | トップページ | コーヒーブレーク »

2015年1月26日 (月)

美術館改装オープン

千葉県立美術館が、改装に伴う工事を終え、オープンした。県が県立美術館のリニューアルオープンの目玉に選んだのは、平山郁夫画伯だ。1月24日から大規模な特別展を企画してリニューアルに華を添えた。広大なスペースに作品が置かれ、見ごたえがあった。県としては万全の対応だ。

その県が、館内の展示室を会場にオープニングコンサートを目論んだ。平山郁夫画伯に並んで、音でリニューアルオープンを祝賀するということだ。次女たちのオーケストラ部に、大きな白羽の矢が立った。1月25日にはその式典があり、次女の後輩たちが演奏を披露した。れっきとした県からの要請。平山郁夫画伯との両輪を担う光栄を県から正式に授かった。

鼻が高いとはこのことだ。

14時と15時の2回公演を無事こなした。前日に神様が仕組んだ低くないハードルを、生徒たちは事も無げに軽々と超えて見せた。乙女たちは平山郁夫画伯とジョイントする意味とありがたみを腹に据え、粛々と準備を重ねてきた。少々の困難に立ち向かう意思も能力も既に備わっていた。見事な演奏。聴衆に困難の所在さえ意識させぬメリハリ。県からの付託という信頼に全力で応じようという心得が鮮やかだ。「やるときゃやるよ」という不言実行を目の前で見せてくれた。

世界最高の高校オケが、千葉県にある幸せ。

« もう一つの大陸封鎖 | トップページ | コーヒーブレーク »

コメント

親1さま

おかげ様でご覧の通りの盛況でした。親族が駆けつけただけでは、説明がつかぬ大入りでした。

展示室で「◯◯さん」って高校の先生に声を掛けられたので、
思わずペコペコと頭を下げましたが、はて?何で私の事
知ってるのかしら?と、
いや、一緒に来ていた長女に話し掛けて下さったみたいで。
大体、会った事もない人が先生だと解った自分はビデオの
見過ぎかも知れませんが、、、

会場に座っているあの人、この人、目元が一番左端で楽器を
弾いてるあの子に目元がそっくり。観客の何割かは親族かも
知れないコンサートの特徴ですね。

じゃあ、あたしは誰に似てるって云うの?えーっ!!て娘に
言われそうなので、この辺で失礼します。

すんませんでした!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術館改装オープン:

« もう一つの大陸封鎖 | トップページ | コーヒーブレーク »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ