ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« コーヒーの痕跡 | トップページ | メモリアルイヤー »

2015年1月 2日 (金)

証言者の顔ぶれ

昨日の記事へのコメント。

昨日、音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」全3巻に出現するコーヒーへの言及記事を一覧化した。

同回想録集全3巻はブラームスの知人14名による証言の集大成だ。14名のうち下記9名がのべ25回にわたってコーヒーに言及している。頻度としてはワインと同等で、ビールを凌ぐ。アルコールを含まないコーヒーは、アルコール飲料よりも時と場所を選ばない。ブラームスが日頃、深くコーヒーに接していたことがよく現れている。

  1. アルバート・ディートリヒ
  2. ジョージ・ヘンシェル ブラームスの部屋に充満する香りを「ウィーンのコーヒーの香り」と表現している。かなりな嗅覚だと思われる。
  3. フローレンス・メイ
  4. リヒャルト・ホイベルガー 全体の文量の割には、コーヒーへの言及は少ない。
  5. リヒャルト・フェリンガー コーヒーカップの底に残った砂糖をすくう場面は貴重。
  6. ヨーゼフ・ヴィトマン トゥーンの朝、ブラームスが使用するミルがウィーン製だと断言している。メーカーを特定できたのだろうか。あるいは、避暑地にまでわざわざウィーンからミルを持参していることへの驚きを表現したか。ヴィトマン自身かなりのコーヒー愛好家であると思われる。
  7. カール・ゴルトマルク
  8. エセル・スマイス
  9. グスタフ・イェンナー

全員の記述を総合すると、おそらくブラックが彼の好みだ。豆はイエメン産のモカ。ウィーン製のミルを使用している。ネルを使ったドリップか、ポットに水と挽いたコーヒーを入れて沸かすのが不明だが、どうも前者っぽい。自宅か避暑地かでも違っていたと思われる。砂糖を入れていた可能性はわずかに残るが、ミルクは使っていない模様。

« コーヒーの痕跡 | トップページ | メモリアルイヤー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証言者の顔ぶれ:

« コーヒーの痕跡 | トップページ | メモリアルイヤー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ