ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドムマイヤー | トップページ | ラムザウアー »

2015年1月21日 (水)

グリーンシュタイドル

これもカフェの名前。王宮前のミヒャエル広場北西の畔にある。1847年創業の超有名カフェだ。ウィーンの三月革命はこのカフェの前で始まったとも言われている。

ある日オペレッタの作曲に行き詰まったホイベルガーが、店にたむろしていたヴァイオリニスト・クライスラーと作曲家フーゴー・ヴォルフの前にやってきて相談を持ちかけた。無茶なテキストをワルツの旋律に乗せろという注文に頭を抱えていたのだ。クライスラーとヴォルフから解決のヒントをもらい、ピンチを切り抜けたホイベルガーは後日2人にモカをおごったという。

ホイベルガーは、ブラームスの親しい友人でウイーンにいるときはしょっちゅうつるんでいたから、ホイベルガー贔屓のカフェになら1度や2度は出没した可能性が高い。

創業から50年目の1897年1月21日をもって閉店した。営業最終日の賑わいを今に伝える新聞のコラムが残っている。ブラームスが没する2ヶ月半前の話である。ブラームスの晩年の日常を詳細に報告したホイベルガーの手記には同日の記事があるもののこの店の閉店については言及されていない。ブラームスの病状が抜き差しならない域に達していたのだ。

« ドムマイヤー | トップページ | ラムザウアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンシュタイドル:

« ドムマイヤー | トップページ | ラムザウアー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ