ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« タイムズ | トップページ | ジェッツ »

2015年1月11日 (日)

プエルトリコ

実は、ウエストサイドストーリーが好きだ。若い頃から大好き。今その成り立ちについて深く立ち入らないけれど、相当好きだ。シェイクスピアをベースにしながら、ニューヨークに舞台を移植した発想とともにもはや古典だろう。音楽が素晴らしい。バーンスタインの最高傑作だと思う。

第一幕の7曲目に「アメリカ」という曲がある。ヒスパニック系のシャークスの娘たちが歌う。プエルトリコへの差別を皮肉ったり、アメリカの機械文明をも槍玉に上げるスパイスの効いた佳曲だ。冒頭プエルトリコを賛美する調子で「Always the coffee blossoms blowing」と歌われる。いつもコーヒーが花盛りといった意味。もちろん肯定的なニュアンスだ。

これが、ウエストサイドストーリーにおける唯一のコーヒーへの言及である。

プエルトリコには1736年にフランス領マルティニク島からコーヒーが移植されて以来、基幹産業となっている。ミュージカル「ウエストサイドストーリー」の脚本家は、プエルトリコを象徴する産物としてコーヒーを取り上げたということだ。

« タイムズ | トップページ | ジェッツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プエルトリコ:

« タイムズ | トップページ | ジェッツ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ