ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シャコンヌの極意 | トップページ | 作曲家系ホームページ »

2015年2月14日 (土)

チョコレート

ブラームスの伝記の中でチョコレートへの言及はほぼ存在しないと申してよい。「お菓子」「キャンデー」にはわずかな言及が認められるもののチョコレートは全滅である。

ところが、シューマンの伝記の中に興味深い記述がある。音楽之友社刊行の「作曲家◎人と作品シリーズ シューマン」の147ページ6行目。短いので引用する。

6月8日、シューマンの誕生日にブラームスがエンデニヒを訪問して大判の地図帳をプレゼントした。翌日の報告によれば、チョコレートは毒が入っていると言って手にしなかったが、地図帳には熱心だったという。

この6月8日とは1856年のことで、場所はエンデニヒだ。ライン川への投身後収容された療養所での出来事。シューマンの誕生日にブラームスが見舞った情景。前回4月の訪問でシューマンが地図から地名を抜き出す作業に没頭していたのを見て、ブラームスが地図帳を贈ったことが判る。「翌日の報告」というのは、診療所の日誌のことだ。その中に「チョコレート」が出てくる。けれどもこの「チョコレート」は出方がいかにも唐突だ。原文が判らないのでなんとも言えないと申しては愛想がないから妄想を膨らませる。

この「チョコレート」は大判の地図帳と一緒にブラームスがシューマンに贈ったと解することは出来ないか。それでこそ「地図には興味を示したが、チョコには手を出さなかった」という表現が生きてくる。この推測が正しければ、ブラームス唯一のチョコレートネタとなる。

« シャコンヌの極意 | トップページ | 作曲家系ホームページ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート:

« シャコンヌの極意 | トップページ | 作曲家系ホームページ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ