ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドリンク3部作 | トップページ | 自己紹介 »

2015年2月11日 (水)

辞書ならでは

「辞書」に対する私のイメージは、「分厚い」「文字が小さい」これが必須だ。

著書「ブラームスの辞書」は、辞書と名乗りながら微妙だ。A5判400ページは、「分厚い」という表現が当たっているか自信が無い。思いの丈が予算に負けて泣く泣く400ページにした恨みはきっと一生ついて回るだろう。

一方その「ブラームスの辞書」の宣伝用にと立ち上げた当ブログ「ブラームスの辞書」が、どうやら面白くなってきた。記事の本数が4000に近づき、内容はともかく量だけはまとまってきた。はじめて訪れた人に全編の読破を一瞬で諦めさせるだけの量になってきたかもしれない。これはまさに辞書の特徴そのものだ。実際の辞書は、お役に立つには違いないが始めから終わりまで通読するようにはなっていない。分厚さや文字の細かさが、通読の決意をためらわせる。

ブログ「ブラームスの辞書」も同じだ。気に入ったところだけ拾って読むのが現実的だ。はじめて訪れた人が、バックナンバーやカテゴリーを見て「こりゃいかん」と思ってくれれば本望である。それでこそ辞書だ。立ち上げ当初は「辞書」を名乗るのがおこがましかった。ペラペラのパンフレット状態だったからだ。

この調子である。

« ドリンク3部作 | トップページ | 自己紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/43436383

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書ならでは:

« ドリンク3部作 | トップページ | 自己紹介 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ