ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブラームス起点 | トップページ | サイトマップ »

2015年2月27日 (金)

イギリス人が羨ましい

フローレンス・メイという英国の女流ピアニストがいる。クララ・シューマンの高弟にして著述家。代表作にはクララ、ブラームス、バッハについての著述がある。

クララに師事していた頃、ブラームスからもレッスンを受けたことがあるから、クララとブラームスについての回想録を書くのは自然だ。ところが「バッハの生涯」と名付けられた作品も相当の優れものだったらしい。当代きってのヴァイオリニストであるヨアヒムが絶賛しているのだ。そのヨアヒムの絶賛の言葉が、本日のお題「イギリス人が羨ましい」である。

当時復興目覚しかったドイツ音楽の誇りバッハについて、英国人が英語で書いた本だ。その内容の素晴らしさに感動したヨアヒムは、この本をオリジナルの英語で読めるイギリス人を羨んだ表現なのだ。「外国人に一本取られた」というニュアンスも漂う。柔道無差別級の金メダルがオランダあたりの選手にさらわれた感じと言えばいいのかもしれない。

ヨアヒムのバッハへの造詣や当時の音楽界における地位を思えば、ヨアヒムから称賛されることがどれほどのことか想像できる。

私もヨアヒムに「日本人が羨ましい」といって本やブログを誉められたい。

« ブラームス起点 | トップページ | サイトマップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/41915643

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス人が羨ましい:

« ブラームス起点 | トップページ | サイトマップ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ