ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 参考文献 | トップページ | 没後2058年 »

2015年3月14日 (土)

公平な立場

書籍「鮮烈ビスマルク革命」は、かなりビスマルク寄りの内容だ。ビスマルク贔屓の姿勢が目立つ。ブラームス自身も私もビスマルク贔屓だから、とても読みやすかったのだが、ブログ記事執筆ための情報収集ともなると、公平な視点も必要になる。先の書物に欠けている公平な視点を補うのに最適な本を紹介する。

清水書院刊行、加納邦光著の「ビスマルク」という本。センチュリーブックスというシリーズの182巻という位置づけ。元々このシリーズは古今東西の思想家の伝記が集められている。ビスマルクを思想家として扱った本だ。

ビスマルク信奉者には厳しい記述も頻繁に現れる。特にビスマルクは同時代のライバルたちを排除しまくったせいで、有能な後継者を育て得なかったばかりか、ドイツという国自体が、強力なリーダー無しに立ち行かなくなってしまったと説く。それが次の世紀の2つの大戦での敗戦の原因であるとか、果てはヒトラーの登場を準備したという論調も紹介されている。ドイツの民主主義と自由主義の発展を半ば意図的に阻害したと説明される。

公平な記述の他にありがたいのは巻末の年表だ。この年表をブラームス関連年表と比較することで興味深い掘り下げが可能になる。年表にも索引にもブラームスの名前は一切出現しないけれど、ブラームスが生きた時代を手際よく集約した代物となっている。

さらに、ビスマルクと同時代を生きた大物の伝記も参考にした。特に以下の2冊。

  1. ナポレオン3世 鹿島茂著「怪帝ナポレオン3世」
  2. ルートヴィヒ2世 シュミット木村真澄美「ルートヴィヒ2世の生涯」

2人とも反ビスマルクなので、この中のビスマルク記述は厳しいことはあっても無意味に甘いことは無い。その他オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世やその后妃エリザベートについての記述も参考になる。

« 参考文献 | トップページ | 没後2058年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平な立場:

« 参考文献 | トップページ | 没後2058年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ