ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 欧州の警視総監 | トップページ | Eisen und Blut »

2015年3月21日 (土)

国王ビスマルク1世

英国の外務大臣クラレンドン伯爵の言葉。ビスマルクの持つ影響力が国王をもしのいでいる様子を皮肉った発言だった。ビスマルクがプロイセン宰相に就任した1862年からドイツ帝国宰相を罷免された1890年までの間、英国の首相は10人にも及ぶ。ビスマルクの28年間の長期政権は、英国からみれば宰相のそれではなく、最早国王という感覚なのもうなずける。

クラレントン伯爵のこの発言は1865年だったことも興味深い。ドイツ帝国成立前であることはもちろん、普墺戦争よりも前だ。1864年のデンマーク戦争で、デンマーク側に立った英国の介入を、外交手段で封じたビスマルクの手腕をめぐる発言だ。

プロイセンでもドイツ帝国でも、宰相は内閣に対し責任を負っていない。国王にのみ任命権があり、罷免も国王だけの権利だった。

その後の宰相在任が26年にも及ぶことを予見していたとは思えないが、何らかの才能をビスマルクから感じ取っていたことは間違いあるまい。

« 欧州の警視総監 | トップページ | Eisen und Blut »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国王ビスマルク1世:

« 欧州の警視総監 | トップページ | Eisen und Blut »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ