ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 読まれるコツ | トップページ | 指名買い »

2015年4月14日 (火)

ブラームス伝

マックス・カルベックが1907年に刊行した「ブラームス伝」は、史上初のブラームスの伝記である。全4巻の大著で、没後10周年の記念碑という側面もある。カルベックはブラームス本人との交流もあったし、歌曲にテキストを提供している。後世の研究により誤りが指摘されてもいるが、ブラームス研究においては避けて通れぬ金字塔だ。

日本語版はなかった。

このたび、第4巻のみ日本語版を入手した。「ブラームスの辞書」op97の持ち主で、ドイツ文学者が、忙しい中「ブラームス伝」第4巻の完訳本を出版した。限りなく自費出版に近い。部数から申せばオンディマンド印刷とも受け取れる。

教鞭をとる傍らドイツ文学とりわけシラー研究の泰斗として論文も発表なさっているほどなのだが、ふとしたきっかけで「ブラームス伝」の翻訳を始めたという。さまざまな事情があって第4巻ののみの刊行となったらしい。

貴重な貴重な一冊をインクの乾かぬタイミングで私にお送りいただいた。

読むのはこれからだ。先生の翻訳は、原本の書かれた時点の環境や、背景にも深く顧慮されたものだ。翻訳に欠かせないドイツ語の知識や翻訳の技量においては何の不足もないのだが、音楽の知識が足りぬからと情報収集をなさっている中でブログ「ブラームスの辞書」がお目に留まったという縁で「ブラームスの辞書」をお求めいただいた。以来、翻訳にあたっての疑問点など、密度濃いやりとりをさせていただいた。翻訳への熱意は本邦初のブラームス伝完訳の栄誉とともに語り継がれるべきだ。

今回はお贈りいただいたお礼を記事にした。読み進めるうちに記事のネタが溢れ出るにきまっているので、その都度ありがたく引用言及させていただくこととする。

20150412_105239

スペシャルコンサートまであと25日。

« 読まれるコツ | トップページ | 指名買い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス伝:

« 読まれるコツ | トップページ | 指名買い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ