ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第二ビスマルク特集 | トップページ | コラム »

2015年4月 3日 (金)

偶然を集める

我がブログ「ブラームスの辞書」は、さながら偶然コレクションの様相を呈している。ブラームスにまつわる大小様々な偶然をコツコツと集めている感じだ。

本当の狙いは必然つまり「ブラームスの癖」の発見にあるのだが、そこまでは能力が及ばない事も多い。だからその前段階としての偶然集めに奔走しているという訳だ。うずたかく積まれた偶然の中から1つでも2つでもブラームスの癖に起因する必然を発見したいのだ。

マイケル・ジョーダンの背番号は、ブルズで23番、代表で9番だが、ブラームスの作品番号ではどちらも「シューマンの主題による変奏曲」になっている。今まででもっとも痛快で、もっともどうでもいい偶然だ。

かつて我が家に初めて電話が引かれた際の番号下4ケタが「1833」であり、ブラームスの生年と一致することも、忘れがたい。

それ以外は上記2つに比べれば偶然度が低いケースばかりだ。

  1. 交響曲の主音を4つ順に並べるとジュピターのテーマになる。
  2. シューマンの交響曲だとそれが1音まるまる下がること。
  3. 間奏曲に「marcato」が出現しないこと。
  4. 「agitato」は短調に限ること。
  5. 「sostenuto」はピアノ作品に限ること。

偶然度が低いことは、つまり何らかの必然の結果である可能性が高いということだ。

さてさて、私にとって最大の偶然は、父の誕生日がブラームスの命日になっていることだ。本日はブラームスの没後118年、父の生誕80周年である。

« 第二ビスマルク特集 | トップページ | コラム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/17639345

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然を集める:

« 第二ビスマルク特集 | トップページ | コラム »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ