ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« とってつけた方針 | トップページ | 書けないというストレス »

2015年4月29日 (水)

大前提

物事の存亡の基礎となる条件のことか。

我が「ブラームスの辞書」にもある。「ブラームスが音楽用語を周到に取り扱っていた」と信じることが大前提になっている。自作楽譜上に記す音楽用語の選択、配置に細かく気を配っていたと信じることだ。万が一ブラームスがその点、実は無頓着だったなどということが判明してしまうと、我が書籍もブログもたちまち瓦解する。

学生時代からブラームスに接してきた経験から申して、その点ブラームスは細かな整合性をもおろそかにしないという手応えがあった。だからブラームスの全作品に分布する音楽用語を抜き出して集計しようなどという大それたことを思いついた。

「印刷刊行された楽譜をもとに集計している限り、そこから得られるのはブラームスの癖ではなく、校訂者の癖に過ぎない」という突っ込みがあれば、揚げ足の1つや2ついつでも喜んで進呈する用意がある。少なくとも「校訂者の癖」にはたどり着くことが出来る。校訂者の癖を体系的に分類出来れば、それはそれで興味深い。後に自筆譜を参照する機会に恵まれれば、それとの差異からどれほどの有益な情報が得られるか計り知れない。

そしてさらに重要なのは、万が一この前提が崩れるなら崩れるで、その時は相当な数の記事が書けるに違いないということだ。

スペシャルコンサートまであと10日。

« とってつけた方針 | トップページ | 書けないというストレス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大前提:

« とってつけた方針 | トップページ | 書けないというストレス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ