ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 乗り心地 | トップページ | ロ長調 »

2015年5月27日 (水)

ロ調へのこだわり

出版されたものとしてはブラームス最初の室内楽は、ピアノ三重奏曲第1番だ。その楽章配置は下記の通りだ。

  • 第1楽章 ロ長調
  • 第2楽章 ロ短調→ロ長調
  • 第3楽章 ロ長調
  • 第4楽章 ロ短調 

見ての通りだ。こうした調性配置はブラームスとしては他に例がない。終楽章の冒頭は調号こそシャープ2個だが、実質は嬰ト短調で、これはロ長調の平行調という因果がある。エンディングはきっちりとロ短調に治まるから、全体を俯瞰すると長調から短調という流れで「苦悩から歓喜へ」というベートーヴェン的な枠組みからは外れている。

人生初の多楽章ソナタを世の中に放つに当たって、若きブラームスが採用する調性プランとしてはどこまでも意欲的だ。ヘ長調→嬰ヘ長調→ヘ短調→ヘ長調という壮年期の傑作チェロソナタにも匹敵する。そしてこのことは恐らく確信でもある。その証拠に1891年の大改訂の際にも、こうした枠組みはそのまま維持された。

« 乗り心地 | トップページ | ロ長調 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロ調へのこだわり:

« 乗り心地 | トップページ | ロ長調 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ