ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブログ開設10周年 | トップページ | 麻雀のBGM »

2015年5月31日 (日)

ツアコンの資格

ツアーコンダクターとは、団体旅行に同行して、円滑な旅行を進めるためにお世話をする人だ。日本語だと「旅行添乗員」となる。世界中を仕事で回れてうらやましいのだが、語学の知識以外にも、相応の資格が要るらしい。実際の現場では苦労もあると聞いている。厳密な話では、ガイドとは違うらしい。道中立ち寄ったり通過したりする名所について、お客様に説明するのは、ガイドの領分だという。

ブログ開設10周年を記念して室内楽ツアーを実施中だ。私はそのツアコン兼ガイド。ブラームスの室内楽を作品番号順に言及しながら、見どころ聴きどころに言及してゆく。資格要件があるとすれば、以下の通りになる。

  1. ブラームス室内楽の作品番号と調くらいは暗記。
  2. 全作品全楽章の冒頭主題くらいは即時歌える。
  3. 主要主題をチラリと聞いただけで、作品名と楽章を指摘できる。
  4. 初演日、初演地、メンバーくらいは暗記している。
  5. 全作品のスコアを所有している。
  6. 全作品のCDを持っている。
  7. おすすめ演奏家を1つや2つ簡単に想起出来る。
  8. 一部演奏したことがある。(完成度は問わない)
  9. 全作品の見せ場を1作品あたり3箇所はただちにおすすめできる。
  10. 無茶ブリされても1作品あたり30分は語れる。
  11. ドイツ語の知識 少々
  12. イタリア語の知識 少々
  13. 他の作曲家の話題 少々
  14. 日本語 演奏も聞かせず、譜例も見せずに伝えるには少々の小細工がいる。
一昨日の記事「Sinfonia in B」でピアノ三重奏曲第1番への言及を終えたと思われた方には、少々のお知らせがある。同三重奏曲は、後日ブラームス本人の手で改訂されている。今回の言及は改訂前の旧版のみとした。改訂は1891年だから、ピアノ三重奏曲第3番とヴァイオリンソナタ第3番の間に、また改訂版を話題に取り上げることにする。
芸が細かい。

« ブログ開設10周年 | トップページ | 麻雀のBGM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツアコンの資格:

« ブログ開設10周年 | トップページ | 麻雀のBGM »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ