ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ロ短調四重奏曲 | トップページ | 連歌 »

2015年5月20日 (水)

イ短調ヴァイオリンソナタ

2010年1月20日の記事「フェルディナンド・ダヴィッド」で、メンデルスゾーンの友人でヴァイオリニストのフェルディナンド・ダヴィッドが1853年11月にブラームスと会い、イ短調のヴァイオリンソナタを弾いたと書いた。

ブラームスについての記録を調べていると、現存しないこのヴァイオリンソナタについての記事が時々現われる。

  • 1853年4月 レーメニーと帯同した演奏旅行において、二人で演奏した。
  • 1853年11月 ライピチヒにてフェルディナンド・ダヴィドと演奏した。
  • 1853年 ライプチヒの出版社ゼンフにop5として手渡されたが、後にヘ短調ピアノソナタと差し替えられた。
  • 1872年 アルバート・ディートリヒがワジレフシキーからイ短調ヴァイオリンソナタのヴァイオリンパートを見せられた。

文献上の証拠こそ確認しきれていないが、ヨアヒムとブラームスがこのソナタを演奏したことは確実と思われる。レーメニと別れてゲッティンゲンにヨアヒムを訪ねたブラームスは、すぐに意気投合し、何回か演奏会を開いた。公の場で演奏したかどうかはさておき、プライヴェートにイ短調のソナタが演奏されないとしたら、ちょっと不自然だ。

« ロ短調四重奏曲 | トップページ | 連歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イ短調ヴァイオリンソナタ:

« ロ短調四重奏曲 | トップページ | 連歌 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ