ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 様式法則に対する悪行 | トップページ | un poco crescendo »

2015年6月11日 (木)

何が異質か

昨日の記事「様式法則に対する悪行」で、ピアノ四重奏曲第1番ト短調が「様式法則に対する悪行」と形容されていると書いた。日本屈指の音楽系出版社の解説書でそう断言されているが、私は同意できないとも書いた。同意できない理由は3点。1つは「悪行」という語感について。2つ目は具体的根拠を欠く記述についてだ。3点目は、この表現の位置づけ。2番のオーソドックスさを強調する手段として言及されている点だ。

嘆いてばかりもいられない。

ブラームスの室内楽全24曲を俯瞰してみて、ピアノ四重奏曲第1番が抱える特異性をあれこれと挙げることは可能だ。

  1. ト短調の室内楽はピアノ四重奏曲第1番だけ。ロ長調やヘ短調、ニ短調だって1曲しかないから、あまり重視しなくてよい。
  2. 第一楽章提示部にリピート記号を欠く室内楽はこれがこれが初めて。これはマジ。
  3. 第一楽章展開部冒頭でリピートのフェイクがある室内楽はこれだけ。これもマジ。
  4. 第一楽章再現部が冒頭主題で始まらない。これもマジ。
  5. 第二楽章に舞曲楽章が来る。これも実例がないわけではないので参考程度。
  6. 第二楽章の様式。スケルツォとメヌエットの混合形。他に類例がない。
  7. 第二楽章の調。ト短調ソナタの舞曲楽章の調としてハ短調は異例だが、ブラームスの室内楽にあっては異端でもなんでもない。
  8. 第二楽章の形式 「Intermezzo」とある。室内楽では唯一だ。
  9. 第三楽章 テンポ「Andante con moto」は最速の緩徐楽章だ。
  10. 拍子。2~4楽章が実質的に3連続3拍子だ。これはマジ。
  11. 長さ。ピアノ三重奏曲第1番初版を除けば、最長の室内楽だ。

最低上記のような特色には、一通り言及した上で同四重奏曲が「特異だ」と言わないと、不親切だ。思い切った断言をするなら当然の措置である。

それにしてもなぜこれが悪行なのか理解できない。

« 様式法則に対する悪行 | トップページ | un poco crescendo »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/59925785

この記事へのトラックバック一覧です: 何が異質か:

« 様式法則に対する悪行 | トップページ | un poco crescendo »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ