ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« p poco espressivo | トップページ | 英国への伝播 »

2015年6月19日 (金)

ヘルメスベルガー四重奏団

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー・シニアによって1849年に結成された弦楽四重奏団。息子のヘルメスベルガー・ジュニアに引き継がれ1902年まで活動を継続した。創始者ヘルメスベルガーシニアは1842年に活動を開始したウィーンフィルのコンサートマスターだ。コンマスが弦楽四重奏団を組織するという同オケの伝統はこの時から始まる。

同カルテットの功績は枚挙に暇が無い。いわゆる「ウィーン古典派」により完成された弦楽四重奏というジャンルを磐石なものにした。ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲の復活や、シューベルトの復活に尽力した。1868年にはダヴィッド・ポッパーをチェリストに迎えたほか、チャイコフスキーのコンチェルトの初演者として名高いブロツキーをセカンドヴァイオリンに据えるという威勢を誇った。サッカーで申せばレアルやバルサみたいなものだ。

1862年11月16日に同四重奏団のメンバーとブラームス本人のピアノでピアノ四重奏曲第1番のウィーン初演があった。これがピアニストブラームスのウィーンデビューだ。同月29日にはピアノ四重奏曲第2番の世界初演が同じメンバーで行われた。

まだハンガリー舞曲も出ていない。「ドイツレクイエム」も出ていない。ハンブルクから9月にウィーンに進出したばかりのよそ者ブラームスの作品が、わずか2ヵ月後にヘルメスベルガー四重奏団に演奏された事実は重い。ブラームスをヘルメスベルガーに紹介したのは、ピアニストのユリウス・エプシュタインだ。ブラームス作品の出版前の楽譜を見てヘルメスベルガーは、自宅にブラームスを招いて試演し、ついには公開演奏に踏み切った。「ベートーヴェンの後継者が現れた」と絶賛することも忘れない。

ウィーン最高の弦楽四重奏団の創始者にして、ウィーンフィルのコンマスが与えた評価は、ウィーンでのブラームスの名声を高めたに違いない。

これを機に同四重奏団はブラームスと緊密な関係を続けることになる。弦楽四重奏曲第1番の初演のほか、ヴァイオリンソナタ第2番の初演をヘルメスベルガーシニアが担った。

« p poco espressivo | トップページ | 英国への伝播 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメスベルガー四重奏団:

« p poco espressivo | トップページ | 英国への伝播 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ