ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« グリムの法則 | トップページ | 生誕180周年 »

2015年7月 4日 (土)

城門のそばの家

1859年ブラームスとアガーテの交際は突然終わりを告げる。「束縛されたくない」という理不尽な理由にアガーテは身を引く。どちらにとっても痛手だったという。

1863年アガーテは外国に渡る。ブラームスとの想い出が残るゲッティンゲンにとどまりたくなかったのだろうか。だからそれ以降彼女はゲッティンゲンにはいない。ガイリンガーのブラームス伝によれば、その家は城門のそばにあったという。

1864年になってブラームスは、感情を抑えながら「城門のそばの家」を訪れたという。アガーテが去った後だから、訪れることが出来たのだろうと思う。もしそこにアガーテが居たら絶対に訪問するハズはない。それがデリカシーと言うものだ。この年アガーテ六重奏曲として名高い弦楽六重奏曲第2番が作曲されている。

アガーテの名前を忍び込ませた第1楽章で名高いが、この訪問と何らかの関係があると見たい。

« グリムの法則 | トップページ | 生誕180周年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城門のそばの家:

« グリムの法則 | トップページ | 生誕180周年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ