ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 名づけの根拠 | トップページ | 測定の手順 »

2015年9月 9日 (水)

「con anima」の処理

ヴァイオリンソナタ第1番第1楽章36小節目。第二主題が始まるところに「con anima」と書かれている。「animato」は副詞で、「con anima」は副詞句だから、意味は同じとされている。注意が要るのは、これがテンポを直接操作する指示ではないことだ。その証拠は以下の2つ。

  1. 全てのパートに付与されるわけではない。
  2. テンポをリセットする表示が追随しない。

「いきいきと」という感じが出ればよろしいということで、その先は演奏家の判断に任される。大好きなこの「con anima」について、古今の演奏家の残したCDを頼りに、「con anima」の解釈の傾向を突き止めることにする。

とはいえ、ヴァイオリニストたちは、「con anima」や「animato」を演奏に転写する手段としてテンポを上げることを採用するケースが多い。我が家にあるCDを頼りにテンポを割り出して比較することにする。

本日はその宣言で、明日以降その顛末を発信する。

« 名づけの根拠 | トップページ | 測定の手順 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「con anima」の処理:

« 名づけの根拠 | トップページ | 測定の手順 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ