ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 歳とともに | トップページ | 本能の命じるまま »

2015年9月26日 (土)

クレーメルさんの事情

ギドン・クレーメルは1947年ラトビア共和国リガ生まれのヴァイオリニスト。私が若いころ、彼がウィーンフィルと共演したヴァイオリン協奏曲の画像がうれしくて何度も見た。

ヴァイオリンソナタのCDもある。あるにはあるが何かにつけて異彩を放っている。今回の調査はテンポだけを異常にクローズアップしたものだが、とにかく遅い。冒頭、29小節目、36小節目どれをとってもトップの遅さだ。ソナタ全体の演奏時間も全楽章で36分もかかる。もっとも速いムローヴァの演奏なら2番の2楽章が終盤に差し掛かるころだ。

テンポの遅さもさることながら、揺れ幅も大きい。音楽の場面、段落が切り替わるたびに、大見栄を切る感じ。歌舞伎みたいにその都度「どうだ」という感じ。ソナタとしての枠組みや流れは顧みられていない。

楽譜に記載のない場所で、テンポやダイナミクスが頻繁に変動する。36小節目の「con anima」が演奏上どう処遇されているかは、相対的に位置づけが低い。冒頭から28小節間の演奏時間から、その間の平均テンポを算出しても、その値にはほぼ意味がない。

「雨の歌の主題による幻想曲」というコンセプト。ソナタだと思わなければ、楽しめる。

« 歳とともに | トップページ | 本能の命じるまま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレーメルさんの事情:

« 歳とともに | トップページ | 本能の命じるまま »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ