ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 再現の妙 | トップページ | お茶目ないたずら »

2015年10月 3日 (土)

分類パターン314

ヴァイオリンソナ タ第一番第一楽章36小節目の「con anima」の演奏上の処理にテンポが同関与するかの調査をした。その結果をもとに、各演奏を大まかに分類した。「314」とは、その目安だ。

冒頭のテンポを仮に「3」とした。29小節目でテンポが落ちていることを続く「1」が表している。「con anima」の存在する36小節目でテンポが上がり、かつそれが冒頭のテンポより早くなることが、最後の「4」で表されている。
この分類形「314」こそが、以下の通り最も多くのヴァイオリニストが採用するパターンだ。
最も古い1936年録音のハイフェッツから、最新2014年のデュメイの新盤まで、時代を超えて採用されている。テンポ変化のパターンは共通ながら、テンポそのものはMM=120からMM=168まで、多岐にわたる。29小節目での落ち幅、36小節目での上がり幅も様々。
このパターンこそが本調査の結論の1つであるといってよい。

« 再現の妙 | トップページ | お茶目ないたずら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分類パターン314:

« 再現の妙 | トップページ | お茶目ないたずら »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ