ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 「レッレレー」の分布 | トップページ | 音名違い »

2015年10月11日 (日)

「レッレレー」の考察

昔、人気漫画の登場人物に「レレレのおじさん」がいた。私は「レッレレーのおじさん」だ。

昨日の記事で公開した「レッレレー」の分布を見て、すぐ目につくのは、第2楽章には出現しないことだ。

<第一楽章>

  • ヴァイオリン 8回
  • ピアノ右手  2回
  • ピアノ左手  2回

<第三楽章>

  • ヴァイオリン 3回
  • ピアノ右手  5回
  • ピアノ左手  13回

第一楽章と第三楽章とでは、「レッレレー」の担い手が変わる。ヴィオリンでは、主旋律の構成要素として現れるのに対し、ピアノ左手では、周囲の和音を支えるベースが、「レッレレー」の音型を借りているに過ぎない。また、第一楽章では第1主題部分以外ではパッタリと姿を消す。

ソナタ形式の肝というべき、再現部冒頭では、肝心なヴァイオリンに「レッレレー」が出現しない。下降の音型が繰り返される中、最初の「レッレ」が省略されている。「レッレレー」を曲中でさんざん強調しながら、再現部の冒頭では逆に肩透かしを食らわせるかのようだ。ブラームス独特の「再現部隠蔽」である。

« 「レッレレー」の分布 | トップページ | 音名違い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/61365727

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッレレー」の考察:

« 「レッレレー」の分布 | トップページ | 音名違い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ