ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 分類パターン314 | トップページ | 閾値 »

2015年10月 4日 (日)

お茶目ないたずら

ヴァイオリンソナタ第1番第1楽章の178小節目をご覧いただきたい。そこはいわゆる再現部の真っただ中。第二主題「con anima」が再現してから4小節後だ。提示部ではニ長調だから「Fis→Fis→G」と立ち上がったのだが、再現部では公式通りト長調で提示される。つまり「H→H→C」だ。

端正な4小節フレーズだから第二主題第2句は178小節目から始まる。そこにお茶目ないたずらがあった。小節冒頭のヴァイオリンに四分休符が鎮座するではないか。

「ウン→H→C」になっている。よくよくピアノを見ると、小節冒頭には本来ヴァイオリンにあるべき「H」の四分音符がキッチリと奉られている。いやはや芸が細かい。さまざまなCDでここの違いを楽しむとよい。

全体で4度提示される「con anima」の旋律だが、4回目のここだけにほどこされたいたずら。しかし高をくくってはいけない。このほうがボウイングが自然に弓順になる。

« 分類パターン314 | トップページ | 閾値 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/61433263

この記事へのトラックバック一覧です: お茶目ないたずら:

« 分類パターン314 | トップページ | 閾値 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ