ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 楽しい作業 | トップページ | 分類パターン314 »

2015年10月 2日 (金)

再現の妙

ヴァイオリンソンタ第1番第一楽章において、「con anima」36小節目を準備する位置づけとして29小節目の意義は既に強調しておいた。同じ「con anima」は再現部174小節にも登場する。子細に調べると驚かされる。

再現部においては、提示部の19小節目に相当するポジションから「con anima」の第二主題が走りだす。18小節目後半を8分音符で順次下降して第二主題になだれ込む。つまり、提示部の19小節目からの17小節分がゴッソリ省略されている。

鑑賞のポイントとして強調した29小節目からの7小節に相当する部分が省略されているということになる。

冒頭のテンポは緩むことなく維持されているばかりか、173小節目後半の音階を滑り降りる5つの8分音符によって気持ちテンポが煽られる。174小節でテンポが変わらないように聞こえる演奏が多い。

29小節目からの7小節でテンポ操作する余地のあった提示部に比べ、テンポ操作の選択肢は少なくなっている。「con anima」という指示は共通しているものの、提示部はニ長調だが、再現部ではト長調だし、ダイナミクスも提示部では「p」で、再現部は「poco f」に変わる。ヴァイオリンの旋律が4小節目からオクターブ上がった提示部に対し、再現部では同音の繰り返しだ。

再現部を単なる繰り返しにさせないブラームスの癖だ。聴き手の想定を上回るタイミングで第二主題に突入する手抜きの妙技を味わうべきだ。

« 楽しい作業 | トップページ | 分類パターン314 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再現の妙:

« 楽しい作業 | トップページ | 分類パターン314 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ