ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 音名違い | トップページ | 227小節目の衝撃 »

2015年10月13日 (火)

歌あふれる

一昨日、日本学校合奏コンクール2015千葉県大会が千葉県文化会館で開催された。一年間の部活前半の山場だ。

運命の一日。朝学校に集合して、恒例の結団式。そこで伝統のパーリーダンスに興じリラックスするのがしきたり。緊張の本番を前に目一杯緩む。緩む。そこからは音出しもあるにあるが、もう気持ちのアプローチが優先。

会場に続々とつめかける保護者、OG、その保護者。知った顔が緊張気味。みんなが今日の意味を分かっている。子ども達の努力を知る者としてただただ祈るばかりということ。ただただ「力を出し切ってくれ」と。

そして高校の部。出番は4番目。手持ちは精魂込めた「イタリア奇想曲」。入場の立ち居振る舞いから乙女たちの音楽が始まる。学校名、演奏曲目、指揮者が紹介されてあっという間にタクト一閃。

緊張?そりゃあるにはあるが、それを覆い隠すほどの笑顔。エレガントな笑顔。「これが私たちの音楽です」というオーラ。そりゃあチャイコフスキーだから管楽器たちには難儀なソロが特盛だけれど、優雅に体当たり。チャイコフスキーさんが作品全体にちりばめた「歌」を「いかがでしょう」とばかりに立て続けに調理して見せる。行った事のないイタリアが脳内に充満し始めた。

ソロを奏する仲間を思い遣る弦楽器たちにだって山ほど見せ場。チェロバスのゆらゆら。何度も現れる刺激的なヴァイオリンの連続ダウンボウがG線を噛む音でさえエレガントなのは何故?仲間が作り上げたチャンスにゴールをはずさないフォワードのような打楽器のみんな、ありがとう。

たった9分の持ち時間、コンクールがコンサートに変わった。それが彼女らの音楽。コンクールをコンサートに変え、子どもを大人にし、大人を子どもに戻してくれる。それだけで十分なのに金賞、会長賞、全国大会出場権を見事に獲得してくれた。感極まる保護者やOGだというのに、それでも子どもたちはクール。コンクールには付き物の運に恵まれなかった者たちへの心遣いなのか、あくなき向上心なのか。

そしてその上、ドイツ演奏旅行まであるという至福。ただただ幸せな子どもたち。

« 音名違い | トップページ | 227小節目の衝撃 »

コメント

親2さま

おめでとうございます。
リベンジ必須の全国大会ですが、そのあたりの感覚は子どもたちちゃんと分かってると思いますよ。

中間試験やら修学旅行やらで、意外に時間がないことも

当日は会場で応援出来ませでしたが、
会長賞は正直に嬉しかった
お祝いにケーキを買って家族でたべました

ストラビュッシー高校の実力は、誰がみても
凄い、毎年県大会で良くなかったところを
修正して全国大会に臨んできているように
感じます

クレッシェンドがなんだか分かりませんが
素直に修正すれば、良いんでしょうか?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌あふれる:

« 音名違い | トップページ | 227小節目の衝撃 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ