ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« テンポは世に連れか | トップページ | 再現の妙 »

2015年10月 1日 (木)

楽しい作業

ヴァイオリンソナタ第1番第1楽章36小節目「con anima」の処遇をテンポの上から解析する試みが一段落した。所有するCDの演奏時間からテンポを逆算する手法については、すでに言及しておいた。

チェックポイント3箇所を29小節目、36小節目、43小節目と定め、音楽がそれぞれの小節に侵入した瞬間、スマホのラップタイムキーに触れるという方法で、1~28小節、29~35小節、36~42小節という3つのパートの平均テンポを割り出した。

調査結果や解析は既にお示ししてきた通りだ。最後にそうした調査をしてみての所感を述べる。

  1. 演奏家は録音を前に表現を突き詰める際、テンポは重要なファクターだという認識を当然持っているものと思われるが、それをメトロノーム値で実感してはいないだろう。ピアニスト、ヴァイオリニスト、ディレクター間で打ち合わせがあるとすれば、「これくらい」「それくらい」というやりとりに決まっている。メトロノーム値を重視しているハズはない。
  2. 「con anima」におけるテンポの処理は、数ある表現技法の一部と認識されていたハズだ。ダイナミクス、運弓、ヴィブラート、アーティキュレーション、ピアノとのバランス、気分などなどと同等以上ではあるまい。
  3. ごく一部でしかないテンポでさえ、古今のヴァイオリニストの解釈は驚くほど多様だ。古来「雨の歌」ソナタが愛されてきた証拠である。
  4. 何度も何度もCDを聴きこんだ。冒頭の「3つのD」の弾き方だけでもヴァイオリニストの個性が宿る。テンポだけでは到底説明ができない。
  5. にもかかわらず、テンポにこだわった。

« テンポは世に連れか | トップページ | 再現の妙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい作業:

« テンポは世に連れか | トップページ | 再現の妙 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ