ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 筆耕者クプファー | トップページ | 異例のPassionato »

2015年11月30日 (月)

ハウスマン

ロベルト・ハウスマンRobert Hausmann(1852-1909)のこと。ヨーゼフ・ヨアヒムが主宰するヨアヒム四重奏団のチェリストだ。当時欧州最高の四重奏団の栄誉をほしいままにしていた団体のチェリストだ。相当の腕前であった。

ブラームスのチェロソナタ第2番を作曲者のピアノで初演したのは彼である。それからヨアヒムとともヴァイオリンとチェロのための協奏曲の独奏を受け持った。このほかクラリネット三重奏曲の初演の際には、ミュールフェルトとともにブラームスのお供をしている。

さらに下記諸作品の初演を担当したのがヨアヒム四重奏団だから、チェリストがハウスマンその人あった可能性が高い。

  • 弦楽四重奏曲第2番
  • 弦楽四重奏曲第3番
  • クラリネット五重奏曲

要するに只者ではないのだ。

こうなるとヨアヒム四重奏団の第二ヴァイオリンとヴィオラの奏者だってきっとそれなりの名人だったと思わざるを得ない。ヨアヒムやハウスマンに比べると話題にはならない。

« 筆耕者クプファー | トップページ | 異例のPassionato »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウスマン:

« 筆耕者クプファー | トップページ | 異例のPassionato »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ