ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« それぞれの番号 | トップページ | 切り上げ時 »

2015年11月 7日 (土)

歌曲の初演

押しも押されもせぬシューベルトの後継者ブラームスの歌曲なのだが、それぞれの作品の初演はとなると、いささか心もとない。ピアニスト一人、歌手一人で演奏が成立してしまう歌曲は、初演の定義が難しい。

「完成後初めて通して演奏した」が初演の定義で、聴衆の有無は問わないとすると、ゲネプロはどうなるのか。管弦楽や室内楽はともかく小規模の作品は、公開の初演以前に全曲の通し演奏はあるに決まっている。あるいは、友人宅に集っての試演などは、初演にはカウントされない。だから仕方なく「初演」は「公開の初演」としないと座りが悪い。
ところが、その定義だと歌曲などはぎょっとする事態も起きてくる。
ヴァイオリンソナタ第1番の第3楽章に旋律がそっくり引用された歌曲「雨の歌」(Regenlied)は、1873年には完成している。ヴァイオリンソナタ第一番の6年前だ。さっさと公開の席で初演されたソナタに対して、歌曲「雨の歌」op59-3の公開の初演は1896年3月20日ウィーンを待たねばならない。作曲から実に23年だ。歌曲「雨の歌」はクララお気に入りだ。作曲から23年間一度も演奏されなかったはずがない。が、公式記録とは味気ないものだ。

« それぞれの番号 | トップページ | 切り上げ時 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌曲の初演:

« それぞれの番号 | トップページ | 切り上げ時 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ