ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« G線仕様 | トップページ | Vivace di piu »

2015年12月 7日 (月)

鉄道記念日

本日のこのタイトルを見て「おやっ」と思った人はおそらく鉄道好きだ。日本の鉄道記念日は10月14日だから、12月7日付けの記事のタイトルとしては浮き上がる。おそらくそれが違和感の元だ。ところが何を隠そう1835年12月7日ドイツ初の鉄道が開通した日。ニュルンベルク-フュルト間6kmのルートヴィヒ鉄道の開業だ。英国ストックトン-ダーリントン鉄道開通に遅れること5年だ。

ちなみにオーストリアは、1837年11月23日。ウイーン近郊のフローリッツドルフ-ドイチュヴァグラム間13kmが最初だ。

2歳のブラームスがこのニュースを聞いていたとは思えないが、没するまでの間ドイツの鉄道は60000kmまでその路線網を延ばすことになる。その後ブラームスはあちらこちらの鉄道開通のニュースを相当聞いていたと思われる。

残念なことにこのルートヴィヒ鉄道は、1921年11月1日をもって営業を取りやめた。第一次大戦後ドイツを襲ったハイパーインフレに呑み込まれ、およそ87年でその幕を閉じた。線路はその後撤去されてしまい今跡地を見ることは出来ないという。

« G線仕様 | トップページ | Vivace di piu »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道記念日:

« G線仕様 | トップページ | Vivace di piu »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ