ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« クラ5をヴィオラで | トップページ | ハイドンヴァリエーション寿 »

2016年1月23日 (土)

ロ長調のG

クラリネット五重奏曲の第2楽章はシャープが5つ付与されている。ロ長調だ。ところがその1小節目の「Gis」にいきなりナチュラルが付く。第1ヴァイオリン2拍目裏だ。

第1ヴァイオリンは、クラリネットから1拍半遅れて主題を摸倣する立場にある。その最初の音が、あろうことか「G」になっているということだ。これはどうしたことだと耳を凝らす。1拍半遅れの摸倣といっても注意をしていないと聞き逃す。むしろ第2ヴァイオリンやヴィオラと共に、雰囲気作りの一環とも感じられる。その流れの中で「G」という音は、妙に自然に溶け込んでいる。大げさに言えば、この楽章が持つしっとりとした叙情がモロに反映した音と映る。

その「G」を覚えておくといい。楽章の最後にまた良い景色がある。

128小節目からクラリネットの最後の独詠が始まる。131小節から第1ヴァイオリンが引き継いで3小節進んだ終点でヴィオラが3連符をエコーとして写し採る。その3連符を構成するのはは「Cis-His-Cis」だ。この内の「His」は実音「C」の開放弦になる。この3連符は「<」のクレシェンドに導かれて次の小節の頭で「G」に至る。本日話題の「ロ長調のG」である。

ヴィオラ弾きとしてこの「G」は本当においしい。ひっそりと置かれた「ナチュラル」がいとおしい。弱音器を装着していることも手伝って、何かくぐもった感じになっていることが、味わいをいっそう深めている。こういう音1つあればご飯3杯はいける。主役級の一瞬だ。

« クラ5をヴィオラで | トップページ | ハイドンヴァリエーション寿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロ長調のG:

« クラ5をヴィオラで | トップページ | ハイドンヴァリエーション寿 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ