ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アダージェットな音 | トップページ | 最大の読み手 »

2016年2月26日 (金)

ホームフィールドアドヴァンテージ

欧米のプロスポーツにおいて、クラブチームと本拠地の絆は深くて太い。サッカーでいう「ホーム・アンド・アウェイ」だ。かつての日本のように東京ジャイアンツのファンがどこにいってもたくさんいるという状況は例外なのだ。

公平であるはずの審判のジャッジさえも左右する。ホームチーム有利の判定は「ホームタウンディシシジョン」と呼ばれ公然化している。ホームタウンディシジョンの解消などということは野暮でさえある。公平性はむしろホームアンドアウェイで同じ試合数をこなすことで保たれている節がある。

サッカーであれ、野球であれ、バスケットボールであれ、アイスホッケーであれ、はたまたアメリカンフットボールであれ、大抵のスポーツの規定では、より強いチームが先に、あるいは多くホームフィールドで戦うことが保証されている。世に言う「ホームフィールドアドヴァンテージ」だ。ホームフィールドはチームにとってゆりかごなのである。

ブログ「ブラームスの辞書」は今や私のホームフィールドである。外でさらされるストレスを癒す場所だ。文字通りの意味で家庭はホームであるが、それは家族という単位が基本だ。ブログはもっとパーソナルな意味でのホームだ。秘密の隠れ家に近い。隠れ家の守り神にブラームスをいただき、傷ついたり疲れたりすればそこでリセットもする。明日もまたがんばるためのゆりかごなのだ。

だからいくらでも続けてゆける。

« アダージェットな音 | トップページ | 最大の読み手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/10579085

この記事へのトラックバック一覧です: ホームフィールドアドヴァンテージ:

« アダージェットな音 | トップページ | 最大の読み手 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ