ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鬼に金棒 | トップページ | 馬鹿じゃないの »

2016年3月17日 (木)

読書のためのスコア

iPodにブラームス作品を全部取り込んでいつも持ち歩いている一方で、作品の楽譜も持ち歩きの対象になっている。大判の楽譜ではなくてポケットスコアであることが多い。通勤電車の中など音楽を聴かずにただ、楽譜を眺めていることも多い。お気に入りの文庫本と同じ位置付けだ。文字通り「スコアを読む」のだ。

ソナタ作品であれば第一楽章から通して眺めてみる。提示部、展開部、再現部の順に頭の中で音を鳴らす。大規模な管弦楽曲はもちろんだが、二重奏程度の室内楽でも、かなり頻繁に新しい発見がある。同一の旋律が楽器の組み合わせを変えて提示されたり、音高さやアーティキュレーションに微妙な変化がつけてあったりと退屈しない。頻繁に隠蔽される再現部の冒頭付近は、とりわけ興味深い。

聴き込んだ作品の楽譜が意外にうろ覚えだったりということは珍しくない。ブラームスにおいては、音楽の聞こえと譜面の落差に意外性が宿っていることが多いから、楽譜を読むだけで楽しいのだ。

そしてそれらが全てブログ「ブラームスの辞書」の記事のネタ探しにもなっている。音を出さずに読めるから、周囲に迷惑もかからない。

« 鬼に金棒 | トップページ | 馬鹿じゃないの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書のためのスコア:

« 鬼に金棒 | トップページ | 馬鹿じゃないの »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ