ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヨコ展開 | トップページ | 伝記たるもの »

2016年5月29日 (日)

伝記1冊記事10本

以前ドヴォルザークイヤーの間、いろいろな調べ物のために書物をあたった。つくづく感じたのは、ブラームスに関する資料の豊富さだった。もちろんバッハやモーツアルト、ショパン、ベートーヴェンというようなスーパースターに比べれば劣るものの、ドヴォルザーク系の資料に比べれば遙かに恵まれている。ドヴォルザークだって相当な人気者のはずだが、日本語で読める資料はあまり多くないと感じた。

ブラームスの伝記は日本語で読めるという条件で絞ったとしても豊富だ。

未読の伝記1冊を買って来るとそれだけでネタが10本分は集まる感じだ。伝記作者が違えば元にした執筆の方針も範囲も変わってくる。根本のソースは同じでもキチンと全てを晒してくれる場合もある。初耳のネタにはもちろん飛びつくが、既知のネタであっても掘り下げ方が様々で面白い。複数の伝記において言及されるネタは、ブログ記事にするにも安心感がある。また伝記によって内容が微妙にずれているエピソードもあって興味深い。

今までどうにも納得が出来なかった事実関係が、新規入手の伝記1冊で解決ということもある。

« ヨコ展開 | トップページ | 伝記たるもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝記1冊記事10本:

« ヨコ展開 | トップページ | 伝記たるもの »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ