ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 伝記たるもの | トップページ | 再読のすすめ »

2016年5月31日 (火)

伝記たるもの2

昨日「伝記たるもの」でロベルト・シューマンの伝記を巡ってのクララとのやりとりから、ブラームスの伝記観に光をあてた。

本日はスイスの詩人ヴィトマンとのやりとりから再びブラームスの伝記観を覗いてみたい。

晩年にさしかかったブラームスに厄介な出来事があった。若い頃父親に宛てた手紙が、よからぬ人物に渡り、競売屋のカタログを飾ってしまったのだ。友人が即刻落札しブラームスに返却したことで事なきを得たらしい。この事件をキッカケにヴィトマンがブラームスの伝記観を聞いたというのだ。

芸術家の伝記の良し悪しは、記述を通じてその芸術家の尊敬に繋がるかどうかにかかっているという。この尺度で見てブラームスが当時の伝記を格付けしている。音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第3巻98ページだ。

<よい>

  • シラー
  • ゲーテ

<ふつう>

  • モーツアルト

<わるい>

  • ベートーヴェン 一部の手紙によってベートーヴェンの人間性の悪さが伝わりかねない。「知らなきゃよかった」と感じる歓迎されない情報が混入している。

「事実を書けばよいというものではない」とも読める。

私のブログは、どうだろう。ブラームスへの尊敬に繋がるのだろうか。

« 伝記たるもの | トップページ | 再読のすすめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝記たるもの2:

« 伝記たるもの | トップページ | 再読のすすめ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ