ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« パンツァーリート | トップページ | ドイツ行進曲総集編 »

2016年5月18日 (水)

バリーリンドン

スタンリー・キューブリック監督の映画。18世紀の欧州が舞台の波乱万丈のストーリー。1976年だから中学3年だったが、夢中になって観た。中学生には難解だったが、音楽がほぼクラシック音楽だ。作品の舞台になった18世紀の雰囲気を出すために採用したことは明らかだ。ヘンデルのサラバンドや、シューベルトのピアノ三重奏曲などが好きでサントラ盤のレコードをよく聞いた。

元々この監督は「2001年宇宙の旅」や「時計仕掛けのオレンジ」など作品中の音楽にクラシックを採用することが多いが、必ずしも時代の雰囲気を出すためではなかったが、「バリーリンドン」は、ぴったりの意図だ。

プロイセンの兵士たちが飲みながら合唱した中に、「ホーエンフリードベルク行進曲」があった。プロイセンの雰囲気を手っ取り早く醸し出すためのツールになっていた。

« パンツァーリート | トップページ | ドイツ行進曲総集編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリーリンドン:

« パンツァーリート | トップページ | ドイツ行進曲総集編 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ