ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カラヤン | トップページ | ブログ開設4000日 »

2016年5月10日 (火)

アーケオプテリクス

鳥の先祖と目される始祖鳥の学名がアーケオプテリクスだ。学名なのでラテン語だ。「暁の羽毛」くらいの意味。正式には「アーケオプテリクスリトグラフィカ」という。

始祖鳥はドイツ特産である。現在10体の標本が確認されているらしいがみなドイツ産だ。1855年に最初の標本が発見された。しばらく翼竜だと思われていたらしい。この標本残念ながら既に散逸されたという。1861年にまた発見されている。大きさは大きめのハト程度。羽毛の痕跡が鮮やかながら、骨格は小型肉食恐竜に似ている。この標本故意か偶然か口元が欠落している。鎖骨があってくちばしに歯が無いのが鳥の特徴だが、おかげで歯の有無が確認出来ず関係者をやきもきさせたという。安値で英国が買い取ったから今、ロンドンにある。

1877年になってとうとう完全な化石が発見される。ゾルンホーヘンの隣アイヒシュテットからの出土だ。ミュンヘンからニュルンベルグに向かう途中にある小さな街は、良質な化石産地として有名だ。これには超高値がついた。プロイセン王立博物館が落札するのだが20000マルクという破格値。ブラームスの交響曲1曲の原稿料15000マルクより高かった。落札は企業家ジーメンスの資金援助で実現した結果、今はベルリンのフンボルト博物館にあるから人々はこれを「ベルリン標本」という。学名は「アーケオプテリクス・ジメンシイ」という。出資者ジーメンスに由来するネーミングだ。

20160501_114810
20160501_114824
世界でもっとも美しい化石の賞賛をほしいままにする超有名標本だから、世界中の博物館や理科室にレプリカがある。この写真も某高等学校の理科室の前の廊下にあるもの。

以上の3体がブラームス生前の発見である。1855年といえばシューマン宅をはじめて訪問した2年後だ。入院中のシューマンに代って留守中の面倒を見ていた頃だ。この時は翼竜だと思われていたとすれば新聞に「始祖鳥」の名が踊ったことはないかもしれない。次の1861年はウイーンに定住する2年前だ。ハンブルグでコーラスの指揮活動のかたわら新聞を読んでいれば目にすることもあったと思われる。1877年になるとウイーン定住後だ。いくらかゾルンホーヘンにも近くなった。論争に決着を付ける嘴付きの完全骨格だから新聞の扱いも小さくなかったと思うが、はたしてブラームスに古生物なんぞにうつつを抜かすヒマがあったかどうか。ヴァイオリン協奏曲の仕上げでヨアヒムとの文通に忙しかった頃だ。

今日から愛鳥週間。

スペシャルコンサートまであと5日。

« カラヤン | トップページ | ブログ開設4000日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーケオプテリクス:

« カラヤン | トップページ | ブログ開設4000日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ