ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヨルク軍団行進曲 | トップページ | 絶妙な誕生日 »

2016年5月 6日 (金)

皇帝の初陣

日本で初陣といえば、武士の子がはじめて戦闘に参加することをいう。戦国時代にはしょっちゅういくさがあったから、初陣の機会を選ぶことができた。負けない戦いを選んで初陣にしたのだ。元服前後10代前半が初陣適齢期で、通過儀礼の意味合いも加わってくる。名高い武将の初陣はキチンと記録に残っている。

中世欧州の騎士でもこうした意味の初陣があったから、貴人については初陣が記録されている。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の場合、1848年のイタリア戦役が初陣だった。ラデツキー将軍を司令官にイタリアを鎮圧する戦い。勝利を祝うために「ラデツキー行進曲」が作曲されたことは有名だ。詳しい初陣の様子を調べた。エンメリヒ・ドゥルン・ウント・タクシス近衛騎兵隊長に連れられて、サンタルチアの会戦に出陣した。

日付を調べて驚いた。1848年5月6日の出来事。ブラームス15歳の誕生日の前日だった。このときはまだ即位前で、年末には皇帝の位につくことになる。ブラームスが生きている間ずっと皇帝の座にあった。

スペシャルコンサートまであと9日。

« ヨルク軍団行進曲 | トップページ | 絶妙な誕生日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝の初陣:

« ヨルク軍団行進曲 | トップページ | 絶妙な誕生日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ