ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 伝記の次 | トップページ | 絵の素養 »

2016年6月 6日 (月)

メンツェル

Adolf Menzel (1815-1905)ブレスラウ生まれの画家。幼い頃から画才を発揮する一方で音楽にも親しんだ。サンスーシ宮でフリードリヒ大王がフルートを演奏するシーンを描いた絵が有名だ。バッハの「音楽の捧げ物」のCDジャケットでしばしば見かけるあの絵の作者だ。

妹がベルリン宮廷音楽監督と結婚したことから、ベルリン高等音楽院校長のヨアヒムと知り合う。やがてヨアヒムを介してクララとも知遇を得た。1854年にヨアヒムとクララがアンサンブルをする姿をスケッチしている。ロベルト・シューマン入院中と思われる。ヨアヒム、クララとの知り合いとなればブラームスと親交が無い方が不自然だ。1891年クラリネット五重奏曲のベルリン初演に同席することとなる。ブラームスの晩年にインスピレーションを与えたクラリネット奏者ミュールフェルトの演奏は、画家の心もまた捉えたと見え、演奏の様子をハガキにスケッチしてイタリア滞在中のブラームスに書き送っている。ブラームスと同じ勲章をプロイセンから授与されていることもあって、親近感が増したらしく、60歳のブラームスと78歳のメンツェルの飲み会が盛り上がったと証言されている。

つまりこの人ヨアヒム、クララ、ミュールフェルトという錚々たる音楽家のスケッチを残している。こうなると私の嘆きは一つ。ブラームス本人のスケッチが残っていないのが残念でならない。

« 伝記の次 | トップページ | 絵の素養 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンツェル:

« 伝記の次 | トップページ | 絵の素養 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ