ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 美術特集総集編 | トップページ | 人名辞典【女性名】 »

2016年6月21日 (火)

人名辞典

著名人を列挙した書物またはデータベースのことか。一定の基準を満たす人物が五十音またはアルファベット順に並べられている。スポーツ選手名鑑もこれに加えられるハズだし、電話帳も仲間に入れてよかろう。昨今の携帯電話のアドレス帳には数百人分のデータが収録出来る。卒業アルバムだって立派な名鑑だ。

著名人の伝記の末尾に収載される索引も、事実上の人名辞典である。ちょっと詳しい本になると簡単なコメントまで付されているから重宝する。世界最高のブラームス本、マッコークルの「ブラームス作品目録」の人名索引は、ちょっとでもブラームスに関係した人物がびっしりと記載されていて壮観である。

さてブログ「ブラームスの辞書」では、2008年の秋に「地名辞書」を作成した。ブラームスの伝記に登場する地名を集めて五十音順に列挙した。さらに歌曲のテキストに現われる「鳥」「動物」「植物」「色彩」の名称についても同様に集計した。これらはどれもマッコークルを始めとする一般的な伝記では集計が試みられていない。知識の谷間をささやかに埋めたいと願った結果である。

当時から人名についても何か出来ないか考えていた。普通にやってしまうとブラームスとかかわりがあった人物を順に列挙してコメントを付与しただけの代物にしかならない。厳密に考えるとこれは「人物辞典」である。この系統の情報は割と頻繁にお目にかかるから、当「ブラームスの辞書」の方針とは微妙に合致せず、ずっと見送っていたがこのほど良いアイデアを思いついた。

「人物辞典」ではなく「人名辞典」を作るのだ。もちろん収載の範囲はブラームスと関係の深い人物が対象だが、個人の事跡やエピソードの紹介には主眼が置かれていない。あくまでも名前そのものをクローズアップする。

今後順次公開する。

« 美術特集総集編 | トップページ | 人名辞典【女性名】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人名辞典:

« 美術特集総集編 | トップページ | 人名辞典【女性名】 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ