ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヨハンだらけ | トップページ | ロンメル将軍 »

2016年7月20日 (水)

ヨハネスの由来

欧米では赤ん坊の名前を聖書の中から選ぶことが多いという。

ブラームスの名前「Johannes」はもちろん「聖ヨハネ」に因んでいる。聖ヨハネは12聖人の一人というよりその筆頭格とも言える人物だ。キリストから特段の扱いを受けていたとされている。イエスは死に当たって母のマリアの世話をヨハネに託したという。ヨハネは童貞を貫いて生涯その付託に答えたとされる。

聖書の登場人物にはもう一人「ヨハネ」がいる。キリストに洗礼を施したヨハネだから受洗者ヨハネと呼ばれて区別されている。

だから、欧米の親たちにはとりわけ人気が高い。「John」も「Johannes」に由来する。あるいはブラームスが尊敬するバッハの名前「Johan」も同様だ。つまり2人の名は深く関連があるということになる。

恐らく偶然なのだとは思うが、ドイツレクイエムは「ヨハネ黙示録」からのテキストで結ばれる。第6曲の末尾と第7曲の冒頭である。

「名は体を表わす」ともいう。何だか思い当たる節が多い。

« ヨハンだらけ | トップページ | ロンメル将軍 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨハネスの由来:

« ヨハンだらけ | トップページ | ロンメル将軍 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ