ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 欧州の君主たち | トップページ | 電話帳から »

2016年7月30日 (土)

王のあだ名

皇室の人々に苗字が無いことは知られている。どうも欧州でも事情は似ていて、王に苗字が無いらしい。さらに日本に比べて厄介なのは、名前の選択の範囲が狭い上に、ドイツを筆頭に欧州には王室が多いから、同じ名前の王が前後して出現する。歴史を学ぶ際にこれが勘違いの原因になることもある。

対処方法のうち手っ取り早いのは「~世」というナンバリングだ。フランスの「ルイ16世」が有名だが、規則性が無いので注意がいる。「~2世」の子が必ず「3世」を名乗るとは限らないからだ。

同名の王を区別するもう一つの方法があだ名である。「カール大帝」をドイツ語は「Karl der Grosse」と呼ぶ。

  1. オットー大帝
  2. カール大帝
  3. 幼童王
  4. 獅子王
  5. 赤鬚王
  6. 狂王
  7. 強壮王
  8. 賢王
  9. 美王
  10. 征服王

日本ではよい意味の漢字を上手に組み合わせることで同名が出現しにくくなっている。家康や信長がたくさんいたら受験生は相当困るだろう。ドイツではハインリヒ、ルートヴィヒ、フリードリヒ、フランツ、オットー、カール、ウイルヘルムなど注意が要る。

« 欧州の君主たち | トップページ | 電話帳から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王のあだ名:

« 欧州の君主たち | トップページ | 電話帳から »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ