ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 国定公園 | トップページ | 皇帝列伝 »

2016年9月23日 (金)

ホーエンシュタウフェン朝

12世紀から13世紀にかけて神聖ローマ皇帝6名を輩出した家柄。もっとも名高いのはフリードリヒ1世、人呼んで「赤ひげ王」だ。第3回十字軍の総司令官でもある。

彼に限らず歴代の神聖ローマ皇帝はドイツ王でありながら、イタリアにこだわる。「神聖ローマ帝国の盟主」という自覚からか肩に力が入った人が多い。赤ひげ王は5回イタリア遠征を試みている。ローマ教皇との摩擦もさることながら、お膝元ドイツの経営がおろそかになるので、ロクなことは無い。

ホーエンシュタウフェン朝は、シチリア王国の経営には一応成功していたからましなほうだが、イタリア本土までもと色気を出すとうまく行かない。

1266年シチリア王コッラディーノ(コンラーディン)は、ローマ教皇さしまわしのシャルル・ダンジューに破れナポリで処刑される。ホーエンシュタウフェン朝はこれで途絶えるが、歴代の王はシチリア島パレルモの大聖堂に祀られることとなった。そしてドイツ史上異例の緊急事態である大空位時代が始まる。

ブラームスは1893年最後のイタリア旅行でシチリアを訪れた際、ホーエンシュタウフェン朝ゆかりのパレルモ大聖堂に参拝したと同行の友人ヴィトマンが証言している。ヴィトマンはブラームスのドイツ史への造詣に感嘆している。

« 国定公園 | トップページ | 皇帝列伝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホーエンシュタウフェン朝:

« 国定公園 | トップページ | 皇帝列伝 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ