ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« デトモルト近郊 | トップページ | 黄色 »

2016年9月12日 (月)

アルミニウス

Arminius(BC16~AD21)は、ゲルマン民族の一派ケルスキー族の王。ケルスキー族の本拠地は現在のデトモルトのあたりとされている。ブラームスの最初の就職地だから、ケルスキー族の話くらいはきいたことがあるかもしれない。

アルミニウスの親の代以前にローマに屈服したこともあり、当時の習慣としてローマで教育を受けた。シリアでの勲功により騎士に列せられるとともにローマ市民権を獲得した。市民権の獲得には皇帝の同意が必要だから、アルミニウスの器量がうかがい知れる。当時の皇帝はアウグストゥスだ。

やがてゲルマーニアの司令官ヴァルスの信頼厚い部下となるが、ゲルマーニアの属州化の意図を知り謀反。ヴァルスの信頼を逆手にとって巧妙な罠を仕掛け3万のローマ軍を全滅させた。世に名高い「トイトブルクの戦い」だ。ローマ人からゲルマンの独立を守ったと評価され、ドイツにおいては英雄視されている。

アルミニウスという名前はいかにもラテン語風だ。彼の名は元々「ヘルマン(Hermann)」だったのを、ローマ人が勝手にラテン語風に言い換えていたとも伝えられる。宗教改革で名高いルーターは、アルミニウスに心酔し時代の辻褄を無視して、アルミニウスに「Hermann」という洗礼名を与えた。民衆への布教にアルミニウスのカリスマ性を利用しようとしたらしい。

さて1775年、ドイツ帝国成立の4年後、デトモルトにアルミニウスの像が建立された。トイトブルクの合戦の勝利を記念するものだ。当時はトイトブルクの正確な位置が解明されておらず、ケルスキー族の本拠と目されたデトモルトに建てられたという経緯がある。

デトモルトに着任したブラームスは当然この像を見ていたはずだ。

« デトモルト近郊 | トップページ | 黄色 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルミニウス:

« デトモルト近郊 | トップページ | 黄色 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ