ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« イタリア語の二面性 | トップページ | タクシス家 »

2016年10月12日 (水)

バッカナール

次女から見れば4つ年下にあたるオーケストラ部40代の子供たちが、日本学校合奏コンクール千葉県予選に臨んだ。

結果から申し上げる。金賞と全国大会出場権を獲得した。乙女たちが全国に打って出ようと選んだのがサンサーンス作曲歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール。

集まったOGや親たちの祈りを載せた演奏。清冽なピチカート一閃とともに走りだすのはオーボエのソロ。オリエントテイストを前面に押し出す「ドソロ」「大ソロ」だ。10代半ばの乙女がどれほどのプレッシャーに耐えているのかを思いやると切ないばかりだ。これ以上演奏の出来を申し上げることは控える。言葉の限界がただ露呈するだけだ。

「おめでとう」とだけ。

メンバーの中に4月に楽器を始めたばかりの生徒が少なからず混在することは奇跡。夏からでさえ相当な成長だ。文字通り子供を大人にするコンクールである。一方で、応援した親たちの熱狂も並ではない。子育て終盤の高校生活でこうまで大人がのめりこむものかと。曰く「子供を大人にし、大人を子供にするコンクール」である。

全国大会は福島県郡山市。4年前次女も演奏した思い出の街。野球で言うなら「甲子園」。男の子がいて甲子園に出るともなれば、仕事休んで親が押し掛ける。野球なら9イニングだが、彼女たちの持ち時間は9分だ。よいではないか。9分のためにバスを仕立てるくらいしてやらねば、乙女たちの積み重ねた努力に報いることなど逆立ちしても無理だ。

« イタリア語の二面性 | トップページ | タクシス家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッカナール:

« イタリア語の二面性 | トップページ | タクシス家 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ