ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« メンデルスゾーン | トップページ | メンデルスゾーン管弦楽作品集 »

2016年10月19日 (水)

それは神の思し召しのままに

日本ブラームス協会編「ブラームスの実像」にブラームスの葬儀の様子が細かく記載されている。それはそれは盛大な葬儀だったことが解る。

カールスガッセの自宅を出た葬列は楽友協会を経由してドロテアガッセの教会に至る。そこで葬儀が営まれた。そのときに演奏されたのが本日のお題だ。メンデルスゾーンのアカペラの合唱曲だった。手許にメンデルスゾーンの作品一覧がないが、おそらくop47のことだと思う。

この選曲は一体誰の発案だろう。葬列が楽友協会に達した際にはブラームスの自作が演奏されたのに、肝心の葬儀で自作が選ばれずにメンデルスゾーンが選ばれた理由が気にかかる。

ブラームスはメンデルスゾーン大好きなことは確かだが、単にそれだけとも思えない。

« メンデルスゾーン | トップページ | メンデルスゾーン管弦楽作品集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは神の思し召しのままに:

« メンデルスゾーン | トップページ | メンデルスゾーン管弦楽作品集 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ