ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« サンマリーノ共和国 | トップページ | マルトゥッチ »

2016年10月 9日 (日)

語彙の確認

作曲家たちは自作の楽譜上にイタリア語起源の音楽用語を書くとき、ネイティブのイタリア人にその単語のイタリア語本来の意味や用法を確認しているのだろうか。ほとんどこれは愚かな質問だ。そんなことはしていないだろう。

おそらくブラームスは、その初期の段階から音楽用語として定着したイタリア語をドイツ人教師から教えられたはずだ。イタリア語本来の意味や用法に言及されることなく、既にドイツで音楽用語として定着済みの意味を言い含められたハズだ。

ブラームス作品の楽譜上にはイタリア語然とした音楽用語が満ちあふれているが、イタリア語辞典で元の意味を調べることに過剰な期待をしない方がいい。鵜呑み厳禁の参考情報程度に捉えるべきだ。ブラームスのイタリア語力にはあまり期待してはいけない。イタリア語として正しい言い回しかどうかには無頓着だった可能性が高い。イタリア語本来の用法とのズレは、楽譜上での分布や用法の分析を通して推定するしかない。

「ブラームスの辞書」はそうしたズレの推定をする助けになりたいと思っている。

« サンマリーノ共和国 | トップページ | マルトゥッチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語彙の確認:

« サンマリーノ共和国 | トップページ | マルトゥッチ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ