ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カルタは無理 | トップページ | Im Waldes »

2016年11月 8日 (火)

Letztes Gluck

アルバム「SOS」でポップなドイツ民謡を聞かせてくれたヴォーカルアンサンブルSinger Purにはまっている。本日のお題「Letztes Gluck」は、彼らのアルバムのタイトルだ。このCDはなかなか意地悪で、ジャケットに収録曲が書いていない。購入しないと曲がわからぬ仕組みだ。ドイツロマン派の歌という副題と、ブラームス、シューマン、シューベルト、メンデルスゾーン、レーガー、Rシュトラウスという作曲家名の表示にとどまっている。しかしこのタイトルはブラームスの合唱曲op104-3に一致する。先般のアルバム「SOS」の出来映えがあまりに鮮烈だったこともあって思い切って購入した。

帰宅してブックレットをめくる。案の定ブラームスのop104-3が収録されていた。マックス・カルベックのテキストによる合唱曲だ。Singer Purというグループは、男声5名にソプラノ1名の総勢6人のアンサンブルだから、オリジナル合唱曲を重唱として聞かせてくれるということだ。

聴いてみる。これまた大当たりだった。

全22曲のうちブラームスが6曲収められている。これはメンデルスゾーンの8曲に次ぐ数だ。おまけに先般紹介したシューマンの「野ばら」も聞かせてもらえる。野ばら観が変わる位の衝撃だ。それからロマン派の御大たちに混ざってジルヒャーも「ローレライ」を含む3曲が採用されている。

このあたりのロマン派のアカペラ重唱はただただ美しい。

« カルタは無理 | トップページ | Im Waldes »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Letztes Gluck:

« カルタは無理 | トップページ | Im Waldes »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ